Good Time           音楽教室・レンタルスタジオ・機材レンタル・音響(PA)・照明ならグッドタイム!!

講師紹介 


無料体験レッスンのご案内

 グッドタイムの魅力
開講科目
 システム
 講師紹介
 アクセス
 イベント・生徒会
 生徒さんインタビュー
よくある質問
 リンク
ご挨拶

 公式ブログ
生徒会ブログ 






  
グッドタイム


〒273-0005
千葉県船橋市本町
2-3-29-B1

TEL/FAX
047-434-1223

営業時間
平日・祝日
14:00~レッスン終了時
(最終23:00)
土曜日・日曜日
11:00~最終20:00

不定休


mail@good-time.co.jp












 講師紹介

すでに定員、また曜日や時間帯によって定員になっているクラスもございます。
状況は常に変わりますので、講師のご希望がある場合はお問い合わせ下さい。


【ポピュラーボーカル、ボイストレーニング科】


 佐々木 立(Sasaki Ryu)
 Rock&J pop Popular Vocal
 佐々木立 学生時代から長年にわたりロックを追求し、自らリーダーを務めるバンドで活動を続ける。
感情豊かな独特の歌声と、心に響く歌詞や楽曲が評価されている。
作詞作曲も担当し、作品はソロ作品、バンド作品、楽曲提供など多
岐にわたる。
インディーズデビュー、メジャーデビューを経て、現在もバンド、ソロと
精力的に活動中。
生徒さんに一言
個性を大切に、心を込めて大好きな歌を歌いましょう。一緒に楽しく頑張りましょう。


【JAZZボーカル、ボイストレーニング科】


 秋山 明美(Akiyama Akemi)
 Vocal/Jazz Vocal/Gospel
 秋山明美 1981年マーサ三宅ヴォ-カルスクールにて基礎を学ぶ。
1986年よりジャズボーカリスト"チャリ-ト"に出会い本格的なジャズ及びソウルを学ぶ。
社会人ビッグバンドヴォ-カルとしてイベント、コンサートに出演。
都内ライブハウスで歌い始める。
1995年亀淵友香率いるVOICEOF JAPANに入会、ゴスペルコーラスを学ぶ。シアターアプルChristmasコンサート、NHK紅白歌戦バックコーラス、コマーシャルなども経験する。
市川リブル、横浜ル・タン・ペルジュ、上野アリエス、六本木ミスティなどで歌い、現在に至る
生徒さんに一言
自由に気持ちよく歌う!自由に気持ちよく生きる!事が目標。

                             ↑Page Of Top

【ギター科】

 越田 太郎丸(Koshida Tatoma)
 E&A Guitar
越田太郎丸 東京都出身。9歳からギターを始める。
大学時代より各種イベントに出演。
ボサノバユニット『Prismatica』のギタリストとしてCDデビューし、 ベスト盤を含む6枚のアルバムをリリース。
トニーニョ・オルタ、ジョアン・ボスコ、アントニオ・カルロス・ジョビンなどから、作曲、編曲、奏法 の 影響を受けブラジル音楽を軸に演奏活動を展開。
『Prismatica』のほか『Bossa do Mago』『森』などのバンドに参加し、作曲・編曲も手掛ける。
銀座スイング、六本木スイートベイジル、青山プラッサオンゼなどでライブ活動を行っている。
これまでに、岩崎宏美、葉加瀬太郎、瀬木貴将、ウェイウェイウー、coba、辛島美登里、遊佐未森など 様々なアーティストのコンサート、ライブ、レコーディングに参加。
客船「飛鳥」でのソロ演奏をきっかけに、都内ライブハウスでもソロ演奏を展開。
朗読とギターソロのコラボレーションなども行う。
生徒さんに一言
「音楽って楽しい!」「ギターって楽しい!」この気持を皆さんにも是非味わっていただきたいです。
僕のレッスンがその手助けになれば幸いです。
http://taroma.air-nifty.com/blog/
http://www.myspace.com/prismaticaofficial/

 堀江 洋賀(Horie Hiroyoshi)
 E&A Guitar
堀江洋賀 小6年よりロックギターを始める。
高校時代にジャズに興味を持ち、順天堂大学のジャズ研究会に通う。
高校卒業後はmint jamというギターデュオで都内近郊のレストランやバーで演奏活動を開始。
他にもリーダーのカルテットやシックステット、グッドタイムのアドバイザー、宮田よしさんとのトリオ、新宿 スイングリーブスーケストラ等、精力的に演奏活動を行なう。
生徒さんに一言
普段聞いている好きな音楽を自分で音に出して表現する事は、
本当に嬉しくて楽しい事だと思います。
それがもっと楽しくなるように一緒に頑張りましょう!
どうぞ宜しくお願いします。
http://tiopepe.blog10.fc2.com/

 斉藤 原太郎(Saito Gentaro)
E&A Guitar
斉藤原太郎  中学2年でRockギターに目覚める。17歳の時に東海林由孝氏に師事。
後井上幸道(g)とユニットを組み、横浜バグーズや西荻窪のレストランバー等で経験を積む。
現在では田畑 健(g)毛利哲也(ts)と新ユニットを結成しセッション等で活躍。
生徒さんに一言
何事も継続する事が力になります。
焦らずコツコツと練習を重ねることが上達の秘訣だと思います。
一緒に頑張りましょう。

 篠塚 裕行(Shinozuka Hiroyuki)
E&A Guitar
篠塚裕行  14歳からギターを独学で始め16歳で本格的にバンド活動を開始。
下積みを経てインディーズレーベルへ所属、全国リリースする。

しかし新たな可能性を求め再スタートを決意。
2011年にそれまでの音楽活動を全て終了し甲陽音楽学院名古屋校へ入学。二年間理論や技術の向上に専念する。
卒業後も独自のスタイルを追求し続けている。
生徒さんに一言
音楽は共有することで発見があり奥深かさを知る事ができます。
一緒に楽しみながら成長していきましょう。

 小林和重(Kobayashi Kazushige)
 Classic Guitar
 小林和重 10代の頃から独学でエレキ・ギター、フォーク・ギターを学び、バンド活動などを経験。
その後クラシック・ギターに転向し、本山清久、田代義和、益田正洋の各氏に師事。
また理論・作曲を高田真一氏に師事。

その他にM・バビローニ、B・G・モレノ、藤井眞吾、福田進一、F・クエンカ氏らのマスタークラスを受講。

埼玉ギターコンクール、フォルマール・ギター・オーディション他で入選・合格。
生徒さんに一言
ゆる~く、楽し~く、ちょっとだけ頑張って、一緒に上達して行きましょう!


                             ↑Page Of Top

【ピアノ科・キーボード科・アコーディオン科・鍵盤ハーモニカ科】

 諸藤 佳子(Morofuji Keiko)
 Piano/Accordion/Kenban-harmonica
 諸藤佳子 4歳よりピアノを始める。
多摩美術大学油画科〜文学座附属演劇研究所卒。
ピアノ・アコーディオン奏者、舞台音楽作曲、俳優。
現在『ミルキーウェイ(元トランクシアター)』宮澤賢治の音楽劇シリーズ作曲・出演、ダンスと音楽『クロカミュズ/CoffeeDance』共同主催、即興演劇『だんすだんすだんす』即興演奏(隔月開催)、ミュージカル俳優コンサートのピアノ・アレンジ、他ジャンルを越え活動中。
生徒さんに一言
ピアノやアコーディオンを触ったことない方・楽譜の読めない方もまずは「やってみたい」から
始めてみましょう。経験ある方は、様々なジャンルの音楽や弾き語り・ソロで・バンドで等
目的に合わせ、やるほどに広がる音楽世界を深めて行きましょう。

 尾崎 琢也(Ozaki Takuya)
 Piano
 尾崎琢也 京都生まれ。
自然科学に親しみ幼少期を過ごし 影響から学者を志すも三度の大学受験に失敗!
挫折、一時断念。
平行して芸術事への関心も強く志す。
放浪生活の中 24歳の頃、ジャズピアニスト ユキ・アリマサ氏の音楽に出会い感銘・師事。
人生遠回りも素晴らしい肥やしと考え、肩書や既存の概念にとらわれず、人間的 音楽的である自由な表現を目指す。
都内各地日々放浪活動中。
生徒さんに一言
仕事よりお花見が大事に決まってます(笑)こんな感じでやって行きましょう。

 栗山愛子 (Kuriyama Aiko)
 Piano
  3歳よりエレクトーンとピアノを学び、中学では吹奏楽部でクラリネットを、高校、大学では吹奏楽部と管弦楽団でトランペットを担当。
玉川大学芸術学部卒業後、ヤマハ音楽教育システム講師を経て、武蔵野音楽大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻修了。
大学在学中、芸術学部特別演奏会オーディションに合格、同演奏会に出演。
2009年、2012年、2015年、成田国際空港株式会社主催ロビーコンサートに出演。
第9回西関東Aブロック ピアノ•オーディション 専門•Special部門にて全音楽譜出版社賞を受賞、同受賞記念披露コンサートに出演。
武蔵野音楽大学同窓会千葉県支部第44回新人演奏会に出演。
ピアノを故岡野哲也、平野邦夫、遠藤裕子の各氏に、ピアノ•デュオを野本由紀夫、コッホ中村幸子の両氏に、リート伴奏法を小佐野圭氏、伴奏法を三ツ石潤司氏、室内楽をクレメンス•ドル氏、トランペットを山本武雄、太田聡の両氏に師事。
生徒さんに一言
ピアノは全く初めてという方から、本格的に勉強してみたいという方まで、幅広く大歓迎です!
一緒に音楽を楽しみましょう。


【ピアノ科・木琴(シロフォン)科】


 鈴木 未知子 (Suzuki Michiko)
 Piano,Xylophone
 鈴木未知子 船橋生まれ。6歳よりピアノを始める。
洗足学園高等学校音楽科打楽器専攻入学後、平峯章生氏に師事。
副科ながらピアノソルフェージュクラスでトップクラス初見試奏から伴奏法まで学ぶ。
洗足学園音楽大学在学中より、ピアノ講師を始め現在に至る。

現在は指導の他、声楽、器楽伴奏者としても活動している。
洗足学園音楽大学、及び国立音楽大学大学院修士課程を打楽器
専攻にて卒業。
第12回JILA音楽コンクール第2位(1位無し)他受賞多数。
現在、地元船橋を拠点に全国各地にて演奏活動を行う。
なおピアノはもとより、マリンバ(木琴)またアラビアの琴カーヌーン奏者としての人気実力も共に著名でその活動は多岐に及ぶ。
生徒さんに一言
ピアノや木琴は弾くだけ音が出るとても始めやすく身近な楽器です。
様々な楽器やジャンルで培った経験や知識を、生徒さんの目的に合わせて
フィードバックしていけたらと思います。
クラシックの美しい旋律から憧れのあの曲まで一緒に楽しく演奏しましょう。


                             ↑Page Of Top

【ベース科】

 大越 隆(Okoshi Takashi)
 W&E Bass
 大越隆 学生時代よりエレキベースを弾き始め、都内のLiveハウスなどで活動を始める。
1990年、 プロべーシストとしての活動を始め、様々なジャンルの曲を演奏する中でジャズに出逢う。
エリック・ドルフィの音楽に感動しウッドベースを弾き始める。
現在は、Liveハウスやホテルの ラウンジ、ジャズフェスティバルの参加など、多方面で活躍中。
生徒さんに一言
音楽を通して新たな発見の旅に共にでかけよう

 日下部 史貴(Kusakabe Fumitaka)
 W&E Bass
 日下部史貴 1973年、山形県酒田市に生まれる。
高校時代にエレクトリック・ベースにてバンド活動を始め、卒業とともに上京。
音楽学校で理論を学び、ジャズをはじめ民族音楽など様々な音楽に触れ、後にコントラ バスに転向。現在は都内近郊でのライブ、イベント等を中心に活発な活動を展開している。 
アコースティックな音色を大切にした演奏が多くのファンの共感を呼んでいる。
生徒さんに一言
音楽に限らず、いくら勉強しても次の課題がいくらでも出てきます。
無理なくほどよく楽しんでしまいましょう。
http://blog.livedoor.jp/kusabe/

 三橋 洋介(Mitsuhashi Yohsuke)
 W&E Bass
三橋洋介  東京生まれ、船橋育ち。早稲田大学モダンジャズ研究会在籍中にコントラバスの演奏を始める。
大学卒業後、米国バークリー音楽大学および内田奨学基金より奨学金を得、渡米。同校にて主に楽器演奏法・作曲を学ぶ一方、テレビショーや夏の野外音楽フェスティバルへの出演、レコーディング等の機会にも恵まれた。その後、更なる活動の場を求め、ニューヨーク市に居を移す。
クラブでの演奏、ボーカルグループのサポート、オフ・オフ・ブロードウェイショー(ミュージカル)の伴奏等、様々な経験をしたのち帰国。
現在、首都圏を中心に 演奏活動中。
生徒さんに一言
地元・船橋で音楽に携わる機会を頂戴し、大変嬉しく、かつ光栄に思っています。
上達のよき助けとなるような、そして何より楽しいレッスンを目指します。


                           ↑Page Of Top

【サックス科】

 小高 嘉子(Kodaka Yoshiko)
Saxophone
小高嘉子 千葉県出身。
小学校で習うリコーダーに魅了され、当時人気の高かったサックスパートを射止め、中学、高校時代を吹奏楽部で過ごす。卒業後、東京音楽大学音楽学部器楽学科「サクソフォーン専攻」に入学。
在学中はクラシックを学び、市川新人演奏会に出演する。
大学卒業後、ジャズ・ラテンミュージック・ファンクにも興味を持ち、ジャズサックスを藤陵雅裕氏に師事。
ピアノ伴奏法、作曲、編曲等を高校の恩師渡辺清氏から学ぶ。2004,5年横浜ジャズプロムナードに出演。
2006年2月以降、徳島ジャズストリートに出演。
現在都内及び近郊のライヴハウスでの演奏活動の他に、共演するミュージシャンへの楽曲提供も行う。
2008年5月、全編オリジナル曲による初リーダーアルバム「snoopy walk」を発表し現在に至る。
生徒さんに一言
グッドタイムなひと時を貴方に・・・・一緒に頑張りましょう!!
http://www.kodakayoshiko.com/
http://youtu.be/zkgpBzsSCIU

 苅田 恭子(Karita Kyoko)
 Saxophone 
苅田恭子  高校からサックスを始め、大学時代をジャズ研で過ごし
Modern Jazz に魅了される。
都内近郊にてライブ活動やイベント参加し、吉祥寺ジャズコンテストに
て最優秀賞受賞。
94年 浅草アマチュアジャズコンテストでグランプリを受賞し、同年秋
に豪州・Manly Jazz Festivalに出演。
好評を博し、同バンドにて96年 Manly Jazz Fesに再出演。
現在も各所でライブ活動を行う。
生徒さんに一言
音楽を通じて人とおしゃべりするのは本当に楽しいことです。
楽器に触れたことがなくても大丈夫!一緒に楽しくsaxを始めましょう♪

 森 紀明(Mori Noriaki)
 Saxophone 
森紀明 千葉県出身。
昭和音楽大学にてクラシカル・サクソフォンを、アメリカ、ボストンのバークリー音楽大学にてジャズを、ドイツ、ケルン音楽大学大学院にて作曲、電子音楽を学ぶ。
これまでにサクソフォンを武藤賢一郎氏らに、ジャズ(演奏、理論、作編曲)を、George Garzone、Greg Hopkins、Hal Crook、Joe Lovano各氏らに、作曲をMarkus Hechtle、Michael Beil両氏に師事。
2009年度文化庁芸術家在外研修員。
BMI Charlie Parker Jazz Composers Competition 2009ファイナリスト。
2015年末に拠点を日本に移し、活動を開始。
生徒さんに一言
音楽は一生付き合っても飽きることのない友人のようなものです。
サックスを通して音楽の楽しさ、奥深さに触れるお手伝いが出来ればと思っています。

 石山 佳奈(Ishiyama Kana)
Saxophone
石山佳奈 千葉県印西市出身。
東京音楽大学音楽学科器楽専攻(サクソフォン)卒業。尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトワールディプロマ科修了。埼玉県警察音楽隊臨時的任用職員を経て現在フリーランス奏者として活動中。
第6回横浜国際コンクール 室内楽一般の部 第3位。
これまでにサクソフォーンを石渡悠史、小串俊寿、波多江史朗 の各氏に、室内楽を石渡悠史、中村均、中村均一の各氏に師事。

現在はブライダル演奏・パフォーマンスバンドでの活動・レコーディングへの参加・現代音楽の演奏など幅広いジャンルで活動している。また、印西音楽家の会に所属し、地域での音楽活動も積極的に行っている。
生徒さんに一言
憧れのサックスを吹いてみたい方、今よりもっと上手になりたい吹奏楽部の方、
一人一人のペースに合わせて楽しくレッスン致します。
http://ameblo.jp/kame0127/


                           ↑Page Of Top

【トランペット科】

 金坂 侑亮(Kanesaka Yusuke)
 Trumpet
 金坂侑亮 5歳よりピアノを始め、12歳よりトランペットを始める。
指揮者を目指し市川音楽専門学校に入学。
本格的にクラシックを勉強し始め、卒業後、東京ミュージック&メディアアーツ尚美へ。
卒業直前に聴いたチェットベイカーをきっかけにクラシックからジャズへ転向。
現在、千葉県内のライブハウスやバー等で活動中。
生徒さんに一言
大好きな曲を吹けるように楽しくマイペースに頑張りましょう。

                         ↑Page Of Top

【フルート科】

 川野 里紗(Kawano Risa)
 Flute
 川野里紗 10歳よりフルートを始める。
ウィーン国立音楽大学夏期マスタークラス修了。
第11回大阪国際音楽コンクール管楽器部門Age-U入選。
第12回万里の長城杯国際音楽コンクール管楽器部門奨励賞。
第48回東京国際芸術協会新人オーディション合格、審査員特別賞。
第23回日本クラシック音楽コンクール フルート部門入選。

日本大学平成22年度卒業演奏会、第15回ヤマハ管楽器新人演奏会、第38回フルートデビューリサイタル等出演。

フルートを陣内麻美、相澤政宏、高木綾子、白尾彰の各氏に師事。
B.ギスラーハーゼ、M.ラリュー、菅原潤(ピッコロ)各氏の公開マスタークラス受講。
第28回コンセールヴィヴァン新人オーディション合格。
船橋フィルハーモニー管弦楽団団員。

現在、ソロ、デュオ、フルートカルテット「juin」等で活動中。
生徒さんに一言
生徒さんひとりひとりに合ったレッスンプランを考え、丁寧に指導致します。
自ら音楽を奏でる喜びと楽しさを一緒に分ち合いましょう。

 山田 紗果(Yamada Sayaka)
 Flute
 山田紗果 船橋市出身。東京音楽大学付属高校を経て、2008年同大学卒業。2010年同大学院修了。東京音楽大学千葉県支部新人演奏会出演。2009年度東京音楽大学付属高等学校指導助手。
これまでにフルートを梅津正好、相澤政宏、工藤重典、一戸敦の各氏に、室内楽を齊藤賀雄氏に師事。

レコーディングやオーケストラへのエキストラ出演、パーティーやイベントでの演奏活動を中心に、中高生への部活動指導も行う。
生徒さんに一言
楽器の組み立てなど基本的なことから、憧れの曲をカッコよく吹きたい!
部活や楽団でもっと合奏を楽しむために上達したい!etc..
ひとりひとりのご希望にあわせてサポートいたします。 楽しい時間を過ごしましょう。


                         ↑Page Of Top

【バイオリン科】

 坂田 あき子(Sakata Akiko)
Violin
坂田あき子 東京学芸大学音楽科卒業。
船橋市内小学校オーケストラ部でヴァイオリンに出会い、その未知なる音色に魅せられる。学生時代から所属するオーケストラを通して、多くの著名指揮者、演奏家よりアンサンブル、ソロの指導を受ける。

大学卒業後は、会社員として企業に勤めながら音楽活動を続ける。コンサート、イベントの企画運営に携わり、社会における音楽芸術の在り方を考える契機を得た。

2013年、西船橋産の小松菜‘西船なな姫食育応援プロジェクト’の一環として作成された歌「アブラカタブラ西船なな姫」のレコーディングに参加。
2014年4月に船橋市民文化創造館(きららホール)で行われた「ちょっとよりみちライブ」、2015年12月の「ふなばし紅白歌合戦」、2016年1月の石井食品コミュニティハウス・ヴィリジアンでの「新春コンサート」で歌手横洲かおるさんのバンドメンバーとして出演。特にインスト曲で迫力のある印象深い演奏と好評を博す。2016年2月開催の「第23回音楽のまち・ふなばし千人の音楽祭」では、グランドフィナーレを飾る大編成オーケストラのコンサートミストレスを務める。

各所で演奏活動をしながら、後進の指導にあたる。ユースオケ、小中学校部活動オケではアンサンブルの指導も行う。日々‘人の心を動かす音色’を探し続けている。
生徒さんに一言
なんといってもヴァイオリンの音色、最高です♪
イメージと違い、からだ全体を使って演奏するスポーティーな楽器、
新たな自分を発見できるかもしれません。
楽譜が読めない方も、大人の方も大歓迎です。地元船橋でヴァイオリンを一緒に楽しみましょう!

 新行寺ひろ子(Shingyoji Hiroko)
Violin
新行寺ひろ子 8歳よりヴァイオリンを始める。
国立音楽大学卒業。
「松戸市青少年とオーケストラの競演」「船橋市ロビーコンサート」
「クラブオンコンサート」などソロ出演の他、室内楽、オーケストラ奏者
としても活動中。
生徒さんに一言
生徒さん一人一人の目的、目標に添ったレッスンを心掛けたいと思います。


                         ↑Page Of Top

【パーカッション科】

 後藤 まさる(Goto Masaru)
 Percussion
 後藤まさる Epicソニーより「上々颱風」でデビュー。
アルバム9枚リリース(シングル省略)
※スタジオ・ジブリ「平成狸合戦ぽんぽこ」の音楽をほぼ3分の1作曲。
※徳間ジャパンよりアルバム3枚リリース 
※岩手放送番組「宮沢賢治生誕100年記念」をきっかけに、今まで曲のなかった「アメニ  モマケズ」の詩に初めて曲をつける(Epicソニーよりシングル発売)
※国際交流基金主催によるASEAN  5カ国ツアー、山本寛斎スーパーショウ イン インディア、その他、フランス、中国など海外にも演奏の場を広げる
2000年9月上々颱風を脱退、独立。
数多くのミュージシャンとセッションを行いつつ、ドラムセットではない打楽器の世界とオリジナル曲の融合をめざし、新たなグループ「そいんじゃ」を率いる。
2001年秋よりCHEMISTRYのサポートメンバーに参加スペースシャワーFM802同時生放送クリスマスライブではアレンジも担当する。
セカンドツアーバンドマスター、サードツアー、フォースツアーを経て現在に至る
生徒さんに一言
話す様に 歌う様に 叩けると楽しいのです。
音符よりも 言葉 なのです。 
僕はオタマジャクシにルビをふります。
色んなフレーズも身近になるのです。
さ~ 叩いたり こすったり デコピンしたり 太鼓と戯れてみましょう~。
http://gotomasaru.com/

                         ↑Page Of Top

【ドラム科】

 安田 俊逸(Yasuda Syunitsu)
 Drums
 安田俊逸 13歳よりドラムを始める。地元の大学のジャズ研で本格的なジャズドラムの世界にのめりこんでいく。
その後上京し小山彰太に師事。同時に古澤良治郎(ds)、廣木光一(g)からも音楽的に大きな影響を受ける。
1991年「冬眠お目覚めピアノコンサート」でおなじみの 河野康弘(p)のグループに参加。
1999年には菊地晃(g)、今泉裕(s)、伴田裕(s)らとジャズユニットを結成、積極的にライブ活動を行う。
その他、多くのライブ、セッションに参加。
生徒さんに一言
ドラムセットでのレッスンに求めているものは、人によって様々です。
機械のように正確なビートをキープできるようになりたい人。
難しいフレーズをビシっと決められるようになりたい人。
とにかく「この曲」をバンドで演奏できるようになりたい人・・・。
それでも基本はやっぱり大事です。
基本といっても、退屈な基礎練習だけのことではありません。
①リラックスすること
②集中すること
③常に周りの音を聴く事(一人練習のときは難しいのですが)
とりあえず、ここから始めましょう。
そして、他人の真似ではない「自分の音」を探していきましょう。
難しいことはありません。それは誰にでも自分の中に、確かに存在するものですから。

 石井 しげじ(Ishii Shigeji)
 Drums
 石井しげじ 1985年生まれ、千葉県出身。

高校入学と同時にドラムをはじめ、3年間ブラスバンド部でビッグバンドジャズを経験する。

高校卒業後、代官山音楽院に入学。
在学中ドラム、パーカッションをはじめ、記譜法、ハーモニー理論、アレンジ理論を学ぶ。

現在、自身のグループ“しげじ’s session”をはじめ様々なアーティストのサポートやセッションワーク、セッションホストで活動中。
生徒さんに一言
元気で楽しいレッスンを目指しています。
難しい課題や地味な基礎練習…元気に楽しくやれば絶対克服できる!!

 平瀬 祐人(Hirase Yuto)
 Drums
 平瀬祐人 1986年東京生まれ。

5歳からバイオリンを2年間習い、11歳の時ドラムと出会う。

中学では吹奏楽部、高校では軽音楽部にてドラムを担当し、大学入学と同時にジャズに開眼。以降、ジャズをメインとした演奏活動を行う。

美しい音色と柔軟なgroove、鋭いアンサンブル感覚には定評がある。
これまでに加藤一平Thelonious Monk Project、鈴木勲OMASOUND、安ヵ川大樹trio、等に参加。その他、様々なミュージシャンと日々共演している。
生徒さんに一言
良いアンサンブル(合奏)ができた瞬間ほど、幸せな時はありません。
そのためには、一人でドラムと向き合い、練習する時間がとても大切。
全力でサポートしますので、一緒に楽しく、リラクシングに、チャレンジしていきましょう!

 藤田 稔広(Fujita Toshihiro)
 Drums
藤田稔広 福岡県出身 PAN school of music ドラム科卒業
心良いグルーヴと暖かな音色が持ち味のドラマー。
15歳よりドラムを始め、18歳で上京しPAN school of musicに入学。ジャズの巨匠・大森明氏(as)にアンサンブルを学ぶ。

現在、バンドやサポート演奏を積極的に務め、ジャズクラブ、レストラン、バーなどで演奏している。特にジャズ、ポップスの演奏が得意。
浅葉裕文トリオ、前川直人カルテットのレギュラーとして活動しており、また自己の"藤田稔広カルテット"を率いている。
2015年、岡安芳明(gt)プロデュースの浅葉裕文のアルバム"Easy Like"に参加し全国発売中。聴く人の感情を変化させる演奏を追い求め、精力的に活動中。
生徒さんに一言
音楽の躍動感を一番感じられるのがドラムです。
より良い深い演奏が出来るように練習していきましょう。初心者も経験者も大歓迎です。
練習方法や考え方で演奏は変わります。グッとくる演奏を一緒に目指しましょう!
http://www.fujitadrums.com/


*作詞科・作曲科・ジャズ理論化に関しましては、お好きなジャンルやご使用の楽器に応じて
最適な講師をご案内させていただいております。
詳しくは、メール・電話にてお気軽にお問い合わせください。



                         ↑Page Of Top


無料体験レッスンのご案内

その他、お問い合わせは
お問い合わせフォームよりご送信下さい。



                     Copyright (C) 2012 Good Time. All Rights Reserved.          プライバシーポリシー